診療案内

腎臓内科(CKD)外来

慢性的に腎臓の機能が低下している状態を、CKD(慢性腎臓病;Chronic Kidney Disease)といいます。そのまま放置すると、ときには最終的に末期腎不全に至り、移植や透析療法が必要となる場合もあります。
CKDの原因はさまざまであり、腎臓自体の病気の他に、高血圧、糖尿病などの生活習慣病が原因となることもあります。
CKD外来では、CKD患者さんの腎臓を守り、また、腎臓の機能が悪化するスピードを遅らせるために、CKDの原因となっている病気の治療を行います。さらに、CKDの悪化を招く危険因子の改善、生活習慣の改善、栄養指導の徹底など多方面からのアプローチを行います。CKDを放置すると、脳卒中や狭心症、心筋梗塞といった、血管の病気を発症するリスクも高くなりますので、これらの合併症の予防、早期発見にも努めています。
また、末期の腎不全へと至った場合には、腎臓の代わりをする治療法(血液透析、腹膜透析、腎臓移植)へとスムーズに移行できるように支援しています。

診察室

当院CKD外来は完全予約制となります。
下記の時間内に、お電話にてご予約をお取りください。

月曜日~金曜日(祝日を除く) 9:00~16:00

診察時間

午前10:00~12:30 午後14:00~16:30

西医師診察予定表

西医師診察予定表(PDF)

ページトップへ